読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SQLアンチパターン読みなおした

復習のために読みなおした。

SQLアンチパターン

SQLアンチパターン

エンジニア歴が長いとこの本の中のアンチパターンをやってしまったことがあると思う。

DBは設計がまずいとプログラムまでまずくなるので、きちんと設計する必要がある。 ということで、エンジニアは全員この本を読むべきだ。

読み返して、やっぱいいなあと持った章は、

だ。

ナイーブツリーのほうは、よくあるカテゴリ階層をDB上でどう表現すればいいかという問題に対し、 "閉包リスト"という方法が紹介されている。 このやり方はほんと素晴らしいと思うので、ぜひ機会があればこの"閉包リスト"を使ってみたい。

6,ポリモーフィック関連

これは、複数のテーブルに従属させたいテーブルがある場合のアンチパターンだ。 交差テーブルを作ればいいのだが、テーブルを増やすのに無意識の抵抗があるのか、つい、2重目的の外部キーを使用してしまいがちだ。 これは今後も注意していきたい。

あとは、この本は外部キーや制約をきちんとつけましょうと何回も言っている。 全くもって賛成なのだが、プロジェクトによって外部キーが全く貼られていないプロジェクトもあったりする。 外部キーや制約をきちんとつけるのが一般的になってほしいと思う。